BTC:--
ETH:--
BCH:--
XRP:--

FISCO仮想通貨取引所のAPIを使ってみた。

QUOINEX APIに挫折すること2日。次の日も再度チャレンジしてみたが、どうにもこうにもうまくいかないので、代わりに登録しておいたFISCO仮想通貨取引所のAPIを利用してみました。こちらのAPIは問題なく認証されて利用できました。

そもそもFISCOなのにURLがhttps://fcce.jp/と、URLがfiscoではないのでフィッシングサイトかと思ってしまいますがこれであっています。親会社のfiscoとは別にしたかったのでしょうか。仕方がないですが会社名は設立時に変えたほうがよかったのではないかと思ってしまいます。大きなお世話ですねorz

さておき、FISCOのAPIドキュメントはこちら。そんなにむつかしいことはないです。
FISCO仮想通貨取引所のAPIドキュメント

雑感としては、動作が重い。
注文などをした場合に、応答エラーになることがあります。そのためエラー処理を追加しないといけないのと、ベストなタイミングでの売買ができないので、かなり致命的ですorz

ただしいい点もあります。
orderのAPIにlimitというのがあります。
これは買いにたいしてい売りも一緒に注文できるというものです。もちろん少額でも買い金額よりも上であればちゃんと動いてくれます。買いと売りを両方個別に出さなくていいのと、買われたかどうかのチェックなどをしなくていいので楽です。これはスキャルしやすいありがたいシステムです。
まだ、いくつか売買のタイミング調整やグラフなどの処理がのこっているので、FISCOでいろいろためしてみようと思います。

Close Menu