初心者におすすめの株の本「デイトレード」を読んだ感想

初心者におすすめの株の本「デイトレード」を読んだ感想

デイトレを始めるにあたって、初心者におすすめの株の本!となっているのが、グレッグ・カプラ氏の「デイトレード」です。

「デイトレード」はどういった内容なのか、概要や読んだ感想などを紹介します。

デイトレード(本)の概要

「デイトレード」の本の内容は、マーケットのとらえ方、トレード中のメンタル、各トレードシーンでの対応方法などが書かれています。

そのため、初心者がデイトレードのテクニカル分析などの具体的なトレード手法を期待して購入すると、期待外れになります。

どちらかというと、テクニカル分析以外のメンタルやマーケットの仕組みに的を絞って「どうして負けるのか、どうやったら勝てるのか」が書かれている本です。

デイトレードはコストが高い

デイトレードについて、2~3ヶ月で簡単にできるようになるものではないと述べています。

マーケットを理解するには、絶え間ない努力が必要で、それでも数カ月~数年かかることもあり、熟練の域に達するには、痛み・苦悩・傷がとても大きく、深いとのこと。

「デイトレード」の本を読んだからといって、すぐに「連戦連勝できるようになる」というわけではないです。

では「デイトレード」の本を読む意味は?というと、この本には「絶え間ない努力」についての情報・ヒントが詰まっているので、それらを得ることができます。

「デイトレード」で得られる情報やヒント

例えば、「株式を取引するのではなく、人を取引する」という教訓です。

株式を買うたびに、誰かがその株式を必ず売っており、株式を売るたびに、誰かがその株式を必ず買っています。勝つためには、マーケットを知ってより賢い側に立つ必要があります。

その他にもいろいろな情報・ヒントが詰まっています。

  • 真のプロは、小さい確実な利益を数千、数万と繰り返す。
  • 初心者は一回で大幅な利益を得ようとする。
  • 初心者が買いたいときはプロが売りたい時。
  • 最悪の失敗は最高の成功の後に生じることが多い。
  • あまりにも先に視点を置くことは必ずしも得策ではない。
  • 誰が取引相手なのか自問することなく取引を行ってはならない。
  • 10や12回の取引を行った上でトータルの収益がプラスであれば、その戦略には芽はある。

損切について

「デイトレード」の本では、損切について繰り返しでてきます。そして、その重要性についても繰り返し述べています。

トレードすれば、必ず損失が出ます。一生損失がでない人はいません。そのため、どれだけそれを受け入れて、損失をコントロールできるかが重要になってきます。

事前に損切りラインを決めてからとらないポジションは、ブレーキなしの車で坂道をはしるようなものと表現しています。

損切り戦略の結果、3%以上の損失を出すことはないとしています。

時間軸の変更について

「デイトレード」の本では、時間軸についても取り上げています。

どういうことかというと、5分足で取引していた銘柄が含み損になったからといって、日足や週足に時間軸を変更して長期保有にしてはいけないということです。

理由は、損切り戦略を無視することになるので、結果的に破滅すると語り、こういう人は、トレードに向いていないとも言っています。

損失をどれだけ許容できるかによって、どの時間軸(超短期、短期、中期、長期)で取引すればよいかがわかるとも語っており、損失許容量から自分にあった投資スタイルを見つけるのもいいかもしれません。

トレード日記について

「デイトレード」の本では、トレード日記をつけることをすすめています。

トレード日記では、失敗したトレードをカテゴリーに分類し、自分が負けるパターンを分類していきます。例えば、「損切ができない」「急騰銘柄に飛び乗った」などです。

そして、カテゴリー分けした負けるパターンの多いものから、それを絶対にやらないように注意することで、負けるを減らすことができるとしています。

「デイトレード」の本の感想

個人的に重要だと思った部分は、「株価が上昇する理由は、単純に売りを買いが上回っている」という言葉です。

こんなの当たり前!と思ってしまうのですが、勝てない理由は、「売りを上回る買いの多数側(賢い側)にいないため」です。そして、この多数は、結局のところ「人」なので、この多数の人の心理を読み取ることが勝ちにつながります。

「逆張りは、多数が売ってるときに買う」ということなので、負ける可能性は高くなるという気がしました。反転してトレンドが変わってから買えば、多数派になれます。

また、「なぜ、ここで他の人は買ったのか・売ったのか」を意識することで、各種テクニカル分析も少し違う見方ができるようになりました。

この他、現物と信用では「損切り」の実行のしかたが違うと改めて思いました。

信用取引の場合は、「デイトレード」の本の通り、損切りは確実にすべきで、実行しないと破滅します。ビットコインFXで一度強制ロスカットを体験しましたが、信用取引で損切りを設定しないのは命取りだと思います。

一方で、現物取引の場合、特に配当・優待などで長期保有している場合は、ある程度の含み損は覚悟が必要かもしれないと思いました。

本書の「時間軸の変更」でも言ってましたが、時間軸は変えないことが大切です。現物で配当目的で、日足、週足でエントリーしたのに、5分足をみて下がったからと言って損切してしまうと本末転倒です。

ただし、現物でも紙くずになる前に損切すべきだし、別の優良配当・優待銘柄があれば、損切して移ったほうがいいかもしれません。

自分の投資スタイルや、その銘柄を選んだ時間軸にあった適切な損切が必要になると思いました。

「デイトレード」の本のまとめ

以上、「デイトレード」という本の概要や感想を紹介しました。

テクニカル関連の書籍とは別に、デイトレードを目指す初心者だけでなく、中長期のトレードをする初心者にも役に立つ本だと思います。

スポンサード

メニューを閉じる