インデックス投資で「イライラしない・諦めない」投資ができる

インデックス投資で「イライラしない・諦めない」投資ができる

持っている株が、買った後に数千・数万円と下がるとメンタルが崩壊しそうになります。

仕事中も株価が気になったり、イライラしたり、「やっぱり、株やらなきゃよかった」と思ったり・・・。

多くの著名な本にも書かれている通り、株はトライ&エラーが長期間必要な投資方法です。

できれば、トライ&エラーを少なくして、イライラせずに心穏やかにお金を増やしたいですよね。

「やらなきゃよかった」を「やっときゃよかった」にしつつ、仕事をいつも通りに頑張れる投資方法があります。

それが、インデックス投資です。

インデックス投資って、ある指標にそって運用する投資方法でしょ?結局のところ、指標が下がれば下がるし意味ないじゃん。

と思った人は、ドルコスト平均法の正しい知識が必要です。

SNSなどで仮想通貨、株式、FXで一発大儲けしたという話が流れてくると「自分儲けたい!」と思ってしまいますが、聞くのと実際にやるのは違い「時すでに遅し」の場合もあります。

投資初心者であればあるほど、最初はインデックス投資でコツコツ安定的な資産運用をした方が、最終的にもメンタル的にもいいと思います。

儲けは大きくありませんが安全です。インデックス投資について紹介します。

インデックス投資の仕組み

インデックス投資とは、ある指標(インデックス)に連動する投資方法で、運用は長期が基本スタンスです。パッシブ投資ともいわれます。

最初の質問の「指標が下がれば下がるし意味ないじゃん。」というのは、短期運用の場合には当てはまります。

たとえば、指数が高い時に1回しか購入していなければ、指数が下がれば元本が減ってしまいます。

指数が高い・低いに関係なく一定金額で購入する長期運用の場合は、指数が低いと購入口数が増え、高いと購入口数が減ります。

つまり、安い時にたくさん買い、高い時は少なくすることで購入単価を下げることができます。これが「ドルコスト平均法」と呼ばれる投資方法です。

「ドルコスト平均法」はサンプルを見たほうが分かりやすいです。

乱高下する相場の場合

以下が一定金額で購入した場合(ドルコスト平均法)と一定口数で購入した場合の比較表です。

一定金額購入と一定口数購入の例

基準価格(円)
(10,000口あたり)
一定金額購入 一定口数購入 
金額(円) 購入口数 金額(円) 購入口数
1月 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000
2月 9,000 10,000 11,111 9,000 10,000
3月 8,000 10,000 12,500 8,000 10,000
4月 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000
5月 12,000 10,000 8,333 12,000 10,000
6月 12,500 10,000 8,000 12,500 10,000
7月 11,000 10,000 9,091 11,000 10,000
8月 9,000 10,000 11,111 9,000 10,000
9月 11,000 10,000 9,091 11,000 10,000
10月 12,000 10,000 8,333 12,000 10,000
11月 11,000 10,000 9,091 11,000 10,000
12月 12,000 10,000 8,333 12,000 10,000
合計 120,000 114,995 127,500 120,000
1,000口あたりの
購入単価
10,435.24 10,625.00

一定金額で購入した方が一定口数で購入するよりも購入単価が安くなります。購入単価が安くなると売却時の利益が増えます。

上記の例で12月(10,000口あたり12,000円)に全部売却した場合

  • 一定金額購入の利益
    =(売却金額x口数)-購入費用
    =(12,000/10,000×11,408)-120,000
    =17,994円の利益
  • 一定口数購入の利益
    =(売却金額x口数)-購入費用
    =(12,000/10,000×12,000)-127,500
    =16,500円の利益

となります。

特に注目したいのが、一定金額購入の方が口数が少ないのに利益が高いという点です。これが、いわゆる購入単価がさがっているメリットになります。

上昇相場だった場合

もし、仮に相場が上げ続けた場合、一定金額購入と一定口数購入にどのような違いがでるのかチェックしてみましょう。

一定金額購入と一定口数購入の例

基準価格(円)
(10,000口あたり)
一定金額購入 一定口数購入 
金額(円) 購入口数 金額(円) 購入口数
1月 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000
2月 11,000 10,000 9,091 11,000 10,000
3月 12,000 10,000 8,333 12,000 10,000
4月 13,000 10,000 7,692 13,000 10,000
5月 14,000 10,000 7,143 14,000 10,000
6月 15,000 10,000 6,667 15,000 10,000
7月 16,000 10,000 6,250 16,000 10,000
8月 17,000 10,000 5,882 17,000 10,000
9月 18,000 10,000 5,556 18,000 10,000
10月 19,000 10,000 5,263 19,000 10,000
11月 20,000 10,000 5,000 20,000 10,000
12月 21,000 10,000 4,762 21,000 10,000
合計 120,000 114,995 127,500 120,000
10,000口あたりの
購入単価
14,698.85 15,500.00

この場合も一定金額で購入した方が一定口数で購入するよりも購入単価が安くなります。

ポイントは、一定金額購入の方が安い時に多く買える点です。ただし、一定口数購入の方が購入口数が増えます。

上記の例で12月(10,000口あたり21,000円)に全部売却した場合

  • 一定金額購入の利益
    =(売却金額x口数)-購入費用
    =(21,000/10,000×81,639)-120,000
    =51,442円の利益
  • 一定口数購入の利益
    =(売却金額x口数)-購入費用
    =(21,000/10,000×12,000)-186,000
    =66,000円の利益

どちらも利益がでますが、上昇のみの相場なので、当然安い価格で多く購入していた「一定口数購入」の方が利益が高くなります。

ただし、一定口数購入だと購入費用も増加します。一定金額購入が120,000円なのに対して、一定口数購入の購入費用は約1.55倍の186,000円になります。

ここで、どちらの方が効率よく収益をあげることができたのかを測る指標のひとつ「投資利益率(ROI:Return On Investment)」をみてみましょう。

ROIは計算式「利益/投資額」で算出できます。計算すると

  • 一定金額購入のROI=171,442/120,000=約1.43倍
  • 一定口数購入のROI=252,000/186,000=約1.35倍

のようになり、スポット数購入の方が効率よく収益を上げることができるのが分かります。

下落相場だった場合

今度は逆で、もし仮に相場が下げ続けた場合、一定金額購入と一定口数購入にどのような違いがでるのかチェックしてみます。

一定金額購入と一定口数購入の例

基準価格(円)
(10,000口あたり)
一定金額購入 一定口数購入 
金額(円) 購入口数 金額(円) 購入口数
1月 10,000 10,000 10,000 10,000 10,000
2月 9,500 10,000 10,526 9,500 10,000
3月 9,000 10,000 11,111 9,000 10,000
4月 8,500 10,000 11,765 8,500 10,000
5月 8,000 10,000 12,500 8,000 10,000
6月 7,500 10,000 13,333 7,500 10,000
7月 7,000 10,000 14,286 7,000 10,000
8月 6,500 10,000 15,385 6,500 10,000
9月 6,000 10,000 16,667 6,000 10,000
10月 5,500 10,000 18,182 5,500 10,000
11月 5,000 10,000 20,000 5,000 10,000
12月 4,500 10,000 22,222 4,500 10,000
合計 120,000 175,977 87,000 120,000
10,000口あたりの
購入単価
6,819.07 7,250.00

下げ続ける相場の場合は、どちらも損失がでます。

一定金額購入の方が購入単価は下がりますが、損失は大きくなります。

上記の例で12月(10,000口あたり4,500円)に全部売却した場合

  • 一定金額購入の利益
    =(売却金額x口数)-購入費用
    =(4,500/10,000×175,977)-120,000
    =-40,810円の損失
  • 一定口数購入の利益
    =(売却金額x口数)-購入費用
    =(4,500/10,000×120,000)-87,000
    =-33,000円の損失

一定金額購入では、口数を増やすことはできますが、口数を増やしたことによるメリットを得るには相場が上昇に転じてくれるのを待つしかありません。

下げ続ける相場はないのでいつかは上がりますが「一定金額購入」でも、このようなデメリットがあることは知っておく必要があります。

上昇相場だった場合のスポット購入

もし、仮に相場が上げ続けた場合、一定金額購入とスポット購入ではどのような違いがでるのかチェックしてみます。

一定金額購入とスポット購入の例

基準価格(円)
(10,000口あたり)
一定金額購入 スポット数購入 
金額(円) 購入口数 金額(円) 購入口数
1月 10,000 10,000 10,000 60,000 60,000
2月 11,000 10,000 9,091 0 0
3月 12,000 10,000 8,333 0 0
4月 13,000 10,000 7,692 0 0
5月 14,000 10,000 7,143 0 0
6月 15,000 10,000 6,667 0 0
7月 16,000 10,000 6,250 96,000 60,000
8月 17,000 10,000 5,882 0 0
9月 18,000 10,000 5,556 0 0
10月 19,000 10,000 5,263 0 0
11月 20,000 10,000 5,000 0 0
12月 21,000 10,000 4,762 0 0
合計 120,000 114,995 156,000 120,000
10,000口あたりの
購入単価
14,698.85 13,000.00

この場合は、一定金額で購入した場合よりも、スポット購入した方が購入単価が安くなります。

ポイントは、安い時に多く購入できる点です。

上記の例で12月(10,000口あたり21,000円)に全部売却した場合

  • 一定金額購入の利益
    =(売却金額x口数)-購入費用
    =(21,000/10,000×114,995)-120,000
    =51,442円の利益
  • スポット購入の利益
    =(売却金額x口数)-購入費用
    =(21,000/10,000×120,000)-156,000
    =96,000円の利益

どちらも利益がでますが、上昇のみの相場なので、安い価格で多く購入していた「スポット購入」の方が利益が高くなります。

上昇相場においては、スポット購入の方が効率よく収益を上げることができるのが分かります。

下落相場だった場合のスポット購入

今度は逆で、もし仮に相場が下げ続けた場合、一定金額購入とスポット購入にどのような違いがでるのかチェックしてみます。

一定金額購入とスポット購入の例

基準価格(円)
(10,000口あたり)
一定金額購入 スポット購入 
金額(円) 購入口数 金額(円) 購入口数
1月 10,000 10,000 10,000 60,000 60,000
2月 9,500 10,000 10,526 0 0
3月 9,000 10,000 11,111 0 0
4月 8,500 10,000 11,765 0 0
5月 8,000 10,000 12,500 0 0
6月 7,500 10,000 13,333 0 0
7月 7,000 10,000 14,286 42,000 60,000
8月 6,500 10,000 15,385 0 0
9月 6,000 10,000 16,667 0 0
10月 5,500 10,000 18,182 0 0
11月 5,000 10,000 20,000 0 0
12月 4,500 10,000 22,222 0 0
合計 120,000 175,977 102,000 120,000
10,000口あたりの
購入単価
6,819.07 8,500.00

この場合は、一定金額購入の方が、スポット購入に比べて購入単価が下がります。

上記の例で12月(10,000口あたり4,500円)に全部売却した場合

  • 一定金額購入の利益
    =(売却金額x口数)-購入費用
    =(4,500/10,000×175,977)-120,000
    =-40,810円の損失
  • 一定口数購入の利益
    =(売却金額x口数)-購入費用
    =(4,500/10,000×120,000)-102,000
    =-48,000円の損失

損失に関してもスポット購入よりも一定金額購入の方が低く抑えることができています。

【まとめ】インデックス投資

相場は上げ続けることも下げ続けることもありません。

一定金額で購入する手法(ドルコスト平均法)の方が、一定口数で購入する方法よりも優れていると言われています。

ドルコスト平均法は、安い時にたくさん買うことで、単価を下げることが目的です。

ずっと上がり続けている場合は、スポットで安い時にたくさん買った方が利益がでます。例えば、超長期的に見ればS&P500はずっと上昇しています。

ただし、スポットで購入する場合は、購入時点でその資金が必要になるので、通常の場合は定期的に一定金額で購入する方法を選ぶことになります。

インデックスであれば、一時の下落でを気にしなくてよくなり、イライラも減ります。

利益が一気に上がるわけではありませんが、長く運用することでリスクを減らすことができます。

株で失敗することが多いのであれば、こういう例もあるので、インデックス投資はおすすめです。

スポンサード