日経平均が上がりやすい月、下がりやすい月

日経平均が上がりやすい月、下がりやすい月
日経平均が上がりやすい月はいつ?

日経平均は、日本経済新聞社が東証1部に上場する企業の中から業種などを考慮して選んだ225社の平均株価です。

日経平均が上がっていれば「多くの企業の株価が値上りしている」と考えることができ、逆に日経平均が下がっていれば「多くの企業の株価が値下りしている」という見方ができます。

日経平均は市場の動きを見るための指標ですが、つれ高(つれだか)という言葉があるように、日経平均が上がると他の株もつられて上昇する傾向があります。

そこで、日経平均はどの月で上がりやすいのか、下がりやすいのかを騰落率から算出してみました。

「どの月に購入すればよいか」、また「どの月では手仕舞いするか」という目安を付けることができます。

騰落率から上がりやすい月を算出

2000~2020年までの日経平均の終値を使って、各月の騰落率(%)を計算し、月ごとの騰落率の平均を出しました。

騰落率は、ある期間の始めと終わりとで、どのくらい価格が変化したかを表す割合です。100円が110円になれば騰落率は10%上昇、100円が90円になれば騰落率は10%下落になります。

各月の騰落率(%)はプラスであれば上昇、マイナスであれば下落を表しています。

下記の算出した一覧を見ると、上昇しやすい月は「4月」「11月」「12月」。下がりやすい月は「1月」「7月」「8月」となっています。

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2000 2.83 2.76 1.27 -13.28 -11.25 4.29 -10.71 4.73 -5.93 -8.57 -1.51 -7.08
2001 1.11 -6.50 2.51 7.70 -8.06 -2.21 -6.98 -10.42 -6.10 3.95 3.38 1.66
2002 -8.04 8.13 1.97 4.21 1.83 -10.75 -6.77 -1.78 -1.45 -5.69 6.10 -6.49
2003 -4.29 -1.62 -6.10 -1.94 7.14 6.27 3.07 7.61 -4.23 1.91 -6.89 2.63
2004 -0.38 2.46 3.94 0.67 -2.89 4.98 -4.79 -1.25 -2.73 -1.95 1.53 6.53
2005 -1.13 3.13 -0.95 -6.10 2.49 2.24 2.32 3.91 8.53 0.60 7.24 6.48
2006 1.76 -1.67 6.86 -2.46 -8.62 0.01 -0.74 4.53 -0.04 0.89 -0.62 5.54
2007 0.17 0.48 -0.95 2.18 3.48 1.00 -4.95 -1.79 1.58 -0.64 -7.05 -2.06
2008 -7.48 0.78 -3.59 9.43 4.15 -6.64 -0.64 -0.17 -12.27 -24.55 -6.61 5.51
2009 -11.60 -3.88 11.39 5.70 6.07 2.90 4.19 1.35 -3.77 0.56 -4.67 10.18
2010 -4.29 -0.77 9.02 -1.66 -8.67 -3.39 3.76 -7.80 4.95 -2.15 8.55 2.41
2011 -1.54 3.40 -9.29 1.46 -3.10 0.99 -0.36 -10.13 -3.98 5.18 -4.54 -1.65
2012 2.83 10.37 3.88 -5.83 -8.64 6.71 -3.43 2.29 0.98 1.50 5.58 9.91
2013 4.22 3.29 6.82 14.22 -0.18 3.13 -1.33 -4.40 6.50 -1.08 10.28 4.06
2014 -6.25 1.52 1.20 -3.30 1.02 1.51 1.92 -0.63 4.50 2.06 3.54 -0.79
2015 1.53 7.06 2.02 2.55 5.28 -1.62 1.26 -8.07 -4.28 7.68 5.70 -4.89
2016 -5.05 -10.29 4.18 3.10 6.74 -8.14 5.65 1.51 -2.82 4.98 4.97 3.25
2017 -2.82 -0.15 -2.50 1.12 1.76 0.87 -0.65 -1.70 3.38 7.90 1.36 -0.24
2018 -1.74 -6.04 -1.24 5.05 -1.36 0.60 3.40 0.52 6.22 -9.59 3.06 -11.34
2019 6.19 2.87 -1.84 3.49 -6.03 4.24 -0.96 -3.88 5.51 4.76 1.94 0.54
2020 0.0014 -7.96 -11.37 11.78 11.51 1.02 -1.86 4.25 0.20 -0.90 13.47 2.45
騰落率平均 -1.62 0.35 0.82 1.81 -0.35 0.38 -0.89 -1.02 -0.25 -0.63 2.13 1.27
  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

個別の騰落率の上昇トップは、2013年4月の14.22%で、黒田体制下で初の日銀金融政策決定会合が行われ、新たな「量的・質的金融緩和」の方針が好感され上昇しています。

下落トップは、2008年10月の-24.55%でリーマン・ショックが原因です。

上がりやすい月・下がりやすい月から計画を練る

上がりやすいのは4月、11月、12月なので、その前の月に仕込んで売却すれば利益が出やすくなります。

逆に下がりやすいのは1月、7月、8月になっています。下げる前に持ち株を売却して資金確保を心がければ、「買いたい株あったのに資金がない」といったことを減らすことができます。

日経平均が上がりやすい月・下がりやすい月まとめ

ただし、あくまで2000~2020年の平均からの上がりやすい月・下がりやすい月なので、その年によっては変わることもあります。

2020年は夏枯れ相場といわれる8月に4.25%も上がっていたりするし、全ての株が日経平均と連動するわけでもありません。

「節分天井・彼岸底」、「Sell in May(セルインメイ)」、「夏枯れ相場」という相場格言や用語と同じように、あくまで目安として使いつつ、ニュースなどで適宜動向を把握することが大切です。

スポンサード