BTC:--
ETH:--
BCH:--
XRP:--

【Cryptowatch】ビットフライヤー(bitFlyer)のビットコインFXチャートの見方

【Cryptowatch】ビットフライヤー(bitFlyer)のビットコインFXチャートの見方

ビットフライヤー(bitFlyer)のビットコインFXチャートは、ログイン後に「bitFlyer Lightning」の画面を開いて見ることができます。しかし、「bitFlyer Lightning」の画面だと、その他の注文画面、建玉、履歴、チャット、お知らせなど、いろいろな画面が散らばっていて見づらいことがあります。

そんな時に便利なのが、Cryptowatchを使って別ウィンドウで開いて見る方法です。「bitFlyer Lightning」で表示されているチャートはCryptowatchのものなので、だいたい同じ内容が表示されています。
※多少の誤差はあります。

>>>bitFlyerのビットコインFXチャート

Cryptowatchの画面の見方

Cryptowatchの画面は、大きく分けて左がローソク足チャートやテクニカル指標、右がデプスチャートやオーダーブックなどになります。

左側のローソク足チャートには、トレンドラインなどをひくことができるツールなどがそのっているので、うまく利用すれば今後のビットコインFXのテクニカル分析を行うことができます。

それぞれの見方を以下で紹介します。

画面左側について

テクニカル指標は複数用意されています(MACD、RSI、ボリンジャーバンド、SMA:単純移動平均線など)。

また、チャート上に線を引くこともできるので、トレンドラインや抵抗線などをひくこともできます。

PC画面上では、複数のボタンがあるのでどのボタンが何に対応しているのか、よく利用するボタンを下記で紹介します。

※クリックで拡大できます。

番号 項目 内容
青枠内 スクロールするとチャートを横に長くしたり短くできる。
赤枠内 スクロールするとチャートを縦に長くしたり短くできる。
テクニカル指標 クリックすると複数のテクニカル指標が表示される。左に表示された「選択済」は現在の画面(チャート)に反映されているもので、「×」をクリックすると選択解除。右に表示された一覧をクリックすると新たにチャートに追加できる
画面保存 クリックすると画面を保存できる。
十字線 操作するためのボタン(クリックしても何もおきない)
ラインチャート トレンドラインをひくために利用できる。1回目クリックで開始点、2回目で終点を決める。
自由線 曲線をひくことができる。1回目クリックで開始点、2回目で終点を決める。
矢印線 矢印線をひくことができる(④の矢印版)。1回目クリックで開始点、2回目で終点を決める。
水平線 画面右から左までひくことができる。1回目クリックで位置を決める。
垂直線 画面上から下まで線をひくことができる。1回目クリックで位置を決める。

・④~⑧は、左クリックで書いた線を削除できます(ずっと左クリックで書いた順に削除)。
・開始点と終点は移動することができます。
・Altキーを押しながら、描画するとスナッピング(線を書くときに吸着する感じ)を無効にできます。

画面右側について

右側は、オーダーの数を視覚的に見やすくしたデプスチャート、現在の約定価格がわかるオーダーブックがあります。

※クリックで拡大できます。

項目 内容
緑枠線 現在の売買注文数が視覚的にわかりやすくなっているチャート(デプスチャート)
青枠線 現在の売買注文数を数字で表したチャート※デプスチャートの数字版(オーダーブック)
赤枠線 リアルタイムで約定した履歴が更新される
メニューを閉じる