BTC:--
ETH:--
BCH:--
XRP:--

オリエンタルラジオの中田敦彦(あっちゃん)の動画、年金問題について

オリエンタルラジオの中田敦彦(あっちゃん)の動画、年金問題について

オリエンタルラジオの中田敦彦こと、あっちゃんが【年金問題】についての動画をアップしており、老後豊かに暮らすには2000万円不足しているという金融庁の資料の裏側にある本当の意味についての説明をしている。

動画は2本で構成されており、前半はでは老後2000万円不足した問題で金融庁が言いたかったことの説明、後半では年金についての考え方を変えないといけないという内容になっている。

この動画で2000万円不足に対する不安がなくなるかというと、なくならない。結局のところ、不足分に対しては何かしらのアクションが必要で、現時点ではやはり年金は足りないことに変わりない。

金融庁が大炎上した2000万円不足問題

金融庁が提出した「老後2000万円不足」するとした報告書を、麻生財務大臣が、受け取り拒否したというニュースが世間を騒がせた。

まず、前半の動画では、金融庁が大炎上した2000万円不足問題の真相について解説している。

2000万円不足の算出方法は、高齢夫婦無職世帯の平均で、毎月5.5万赤字x30年(65~95歳)の場合(1980万円)を想定しているということ。

算出方法が「平均」だから、多く使う人も節約してあまり使わない人も一緒にされており、算出方法が雑だとし、不足金額については信憑性に欠けると説明している。

そして、そんな雑な算出方法にもかかわらず、公表したかった理由として、日本人が苦手な「投資の必要性」を訴え、銀行・証券業を活性化させたかったと解説している。

また、今回の不足問題では、投資余裕のある中高年には響かず、年金不足にある若年層に対して行動してほしかったが、本来の目的を正確に伝えることができなかったとしている。

年金は積立貯蓄ではない

後半の動画では、年金の考え方について説明しており、さらにお金が足りるようにするにはどうしたらよいかということを解説している。

人生100年時代と言われている今、「定年したら、後は働かないで年金で生きていく」という考え方ではいけないと説明しており、間接的に年金だけでは足りないと述べている。

また、人生が「教育、仕事、引退」という3ステージ制から、「副業など働き方を複数にして長くする」マルチステージ制に変化しており、今までの引退したら後は年金という考え方が通用しなくなっているとのこと。

そして、老後にあてにしている年金は「積立貯蓄」でも「生活保護」でもなく「保険」と語っている。

  • 積立貯蓄:積み立てたものが返ってくる
  • 生活保護:まずしい場合に援助してもらえる。
  • 保険:リスクに対する保険

年金に、積立貯蓄や生活保護のようなイメージをもっている場合は間違いで、長生きというリスクに対する保険だと説明している。

お金が足りるようにするには?

これらをふまえて、死ぬまでお金が足りるようにするには、まず、人生100年時代となっているため、現役で働ける時間が長くなるはずなのでしっかり働く(副業などいろいろ)

そして、60~70歳の間で選べる年金受け取りを遅らせる(繰り下げ受給)。70歳まで繰り下げ受給することで42%(最大)増額して年金を受け取ることができる。

では、引退してから年金受け取るまでどうするかというと、年金基金、企業年金、iDeCoなどの私的年金を使ってつなげる。

結局どうなのか?

結局のところ、若い人の年金受給額が少なくなる可能性が高いのは変わっておらず、それを投資・副業(儲かるとは言っていない)で稼いでつなごうという説明で、年金不足に関する不安が払しょくされるわけではない。

副業などにより増やすという部分では、中田さんのように才能があればいいのですが・・・ない人はどうなるのかなどの不安は残ってしまう。
※だから今から準備しようということでもある。

また、繰り下げ受給について、シニアガイドというサイトによると、厚生年金の平均月額は約145,000円ということなので、繰り下げ受給すると最大約205,900円(動画でいってる42%増額)になる。

繰り下げ受給なしとありで計算すると・・・
145,000円/月x12か月x30年=52,200,000円
205,900円/月x12か月x20年=49,416,000円

繰り下げ受給ありの方が総額は減りますが、一回の受給が増えるのでリッチに暮らせるとも言えるのかもしれません。ただ、受け取りを10年遅らせて、それまでキツキツで生活するなら、はやくからもらった方が精神的に楽なのではないかとも考えられる。
※繰り下げ受給の部分は、あくまで、動画で言ってる内容から単純計算した内容なので、間違っているかもしれない。

また、私的年金に関して、NISAなどは投資なので、下手すると元本が減るリスクもある(預金や国債などの商品を選べば、元本は減らない、選ぶ商品には注意が必要)。そして、銀行・証券業界活性化を意識していたとなれば、なおさら、年金とは関係なく、政府は反感を買う結果になる気がする。

動画では、「自分のお金だけで生活できた方がよくないですか?」と言っていますが、この部分はかなり難しい。「そうですね」とはいえない部分だと思う。
※もしそうなら、厚生年金などをやめて全員私的年金にすればいい。でもすでに年金制度は引退した人を生活保護するシステムになってるし無理など。

まとめると、2000万円不足という金額は大げさな部分はあるものの、足りなくなる可能性が十分にある。だから、不安に感じる必要があり、不安にならないためには、今から備えなければならないということだと思う。

これからの人は、副業・投資などお金を増やす手段を考えてなければならない。

メニューを閉じる