WordPressのリビジョン数を制限するプラグイン「WP Revisions Control」の使い方

WordPressのリビジョン数を制限するプラグイン「WP Revisions Control」の使い方
WordPressのリビジョン数が延々と増えてしまうので、リビジョンを制限したい。

リビジョン数の増加はサイト速度にも影響するため、増えすぎないように制限するほうがいいです。

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「WP Revisions Control」を使うと、リビジョン数が指定数以上増えないように制限できます。

「WP Revisions Control」のインストール

WordPress管理画面の「プラグイン」>「新規追加」からキーワード検索で「WP Revisions Control」と入力します。

下記のプラグインが「WP Revisions Control」です。インストールして「有効化」します。

「WP Revisions Control」の設定

有効化した後は、Wordpress左メニュー「設定」>「投稿設定」で設定を行います。
※「投稿設定」ページの下にWP Revisions Controlの設定項目が追加されています。

設定する項目は、下記の3項目です。それぞれ保持しておくリビジョン数を入力して「変更を保存」ボタンをクリックします。

WP Revisions Controlの設定項目

  • 投稿
  • 固定ページ
  • カスタム CSS

設定はこれで完了です。

「WP Revisions Control」は自動でスタートする

WP Revisions Controlの設定を行うと、自動でリビジョン数の制限を開始します。

記事の下書きなどを保存しても自動で、指定したリビジョン数のみが保持されます。

「WP Revisions Control」のまとめ

リビジョン数の増加は、サイト速度の遅延やサーバー容量の圧迫といったデメリットにつながるため、リビジョン管理はしておきましょう。

ちなみに「WP Revisions Control」は、プラグイン有効後のリビジョン数を制限するだけのプラグインです。

過去のリビジョンや不要なデータを削除したい場合は、「Optimize Database after Deleting Revisions」がおすすめです。

画像出典:Stories – jp.freepik.com によって作成された people ベクトル

スポンサード