WordPressのリビジョンを削除・管理プラグイン「Optimize Database after Deleting Revisions」の使い方

WordPressのリビジョンを削除・管理プラグイン「Optimize Database after Deleting Revisions」の使い方
WordPress(ワードプレス)のリビジョンが増えすぎたけど、削除・管理できるプラグインはある?

WordPress(ワードプレス)のプラグイン「Optimize Database after Deleting Revisions」を使うとリビジョンを削除・管理できます。

リビジョンはWordpressのデータベースに保存される「下書き」や「更新前データ」です。リビジョンがたまると、データベース容量を圧迫したり、サイト速度が遅くなる原因になるため、不要なリビジョンは削除して管理しましょう。

以下からWordpress(ワードプレス)のプラグイン「Optimize Database after Deleting Revisions」の使い方を紹介します。

Optimize Database after Deleting Revisionsのインストール

Optimize Database after Deleting Revisionsのインストールは新規プラグイン検索からが便利です。

WordPress管理画面の「プラグイン」>「新規追加」からキーワード検索で「Optimize Database after Deleting Revisions」と入力します。

下記のプラグインが「Optimize Database after Deleting Revisions」です。インストールして「有効化」します。

Optimize Database after Deleting Revisionsの設定

有効化するとプラグインのページに遷移しますが、遷移しない場合は「プラグイン」から「Settings」を選択して設定を行います。

Optimize Database after Deleting Revisionsの設定内容を紹介します。
※設定の「〇」はチェックを入れておくのをおすすめするという意味です。

項目 内容 設定
post、page… 記事・固定ページなどのリビジョンを削除
デフォルトでチェックが入っているもの(fac-slidersまで)はそのまま
Delete revisions older than 指定した日付より前のリビジョンを削除 任意
Maximum number of – most recent – revisions
to keep per post / page
指定したリビジョン数を保存する
※3~5くらい保存しておけば安全です。
※0だと全削除
Delete trashed items ごみ箱にあるアイテムを全削除 任意
Delete spammed items スパムになったアイテムを全削除 任意
Delete unused tags 使っていないタグを削除 任意
Delete transients データベースに保存されるクッキー 任意(DO NOT DELETE TRANSIENTS)
Delete pingbacks and trackbacks pingやトラックバック関連データ
Clear oEmbed cache oEmbedsは、データベースにキャッシュされるメディアファイルです。
※メディアファイルをサイトに高速にロードできます。
※ただし、多くの場合は、削除されたメディアファイルの破片なので、時々それらを削除することは有用です。
任意
Clear orphans Orphansは、POSTSテーブル内に存在しないポストレコードを指しているPOSTMETAテーブル内のレコードです。
Clear duplicated postmeta items 重複したpostmetaアイテムを削除
Optimize InnoDB tables too MyISAMテーブルの代わりにInnoDBテーブルを使っている場合に選択して最適化できます。 任意
Keep a log 最適化ログの保存
※データベースに保存されます。
Scheduler 設定した最適化をスケジュールすることができます。
時間・1日2回、1日1回、1週間1回、1ヶ月1回
任意
Show ‘1-click’ link in Admin Bar* 管理バーにボタンを表示する(画面上) 任意
Show an icon in the Admin Menu* 管理メニューにアイコンを表示する(画面左メニュー) 任意

Optimize Database after Deleting Revisionsの設定内容を保存

私が実際に設定した内容は下記の通りです。

Delete transientsに「DELETE EXPIRED TRANSIENTS」を設定しています。また、投稿前の下書きは、テキストエディタを使っているので、それほどリビジョンも増えないので、スケジュールは設定せずに都度削除しています。

設定したら「Save Settings」をクリックして保存します。保存後に今度は「Go To Optimizer」をクリックします。
※「Go To Optimizer」をクリックしても一度確認画面が表示されます。

Optimize Database after Deleting Revisionsの実行

「Go To Optimizer」をクリックすると、設定内容が表示されます。

内容を確認したい場合は「Analyze(summary)」をクリックします。
※「Analyze(detail)」でさらに詳しい内容を確認できます。

内容確認を省略してもよい場合はこの画面で「Optimize(summary)」をクリックします。
※「Optimize(detail)」で実行内容の詳細を確認できます。

「Analyze(summary)」をクリックした場合は、実行した場合のサマリーが表示されます。

「Optimize(summary)」(またはOptimize(detail))をクリックすると最適化が実行されます。

実行結果が表示されます。「View Log」でも内容を確認できます。以上でリビジョン削除完了です。

Optimize Database after Deleting Revisionsのまとめ

「Optimize Database after Deleting Revisions」は英語なのでとっつきにくい部分はありますが、リビジョン削除・管理に便利なWordpressプラグインです。

似たようなプラグインに「WP-Optimize – Clean, Compress, Cache.」もあり、こちらはキャッシュなどの機能も付いています。

どちらを使っても同じようにリビジョンを削除できますが、キャッシュなどの機能が不要な場合は「Optimize Database after Deleting Revisions」で十分です。

Pch.vector – jp.freepik.com によって作成された infographic ベクトル

スポンサード