BTC:--
ETH:--
BCH:--
XRP:--

これPVアップに使えると思った仕組み「非同期読み込み」

これPVアップに使えると思った仕組み「非同期読み込み」

ウェブサイトのPVがなかなか上がらない時のヒント

次に読む記事を提案できてるか?

スクロールすると非同期で次の記事を読み込んでくれる仕組みがあります。
身近な例だと、ツイッターのタイムラインです。スクロールすると、次々読み込んで終わりがありません。

スクエアサイズの画像とテキストを表示させて、スクロールするたびに読み込ませると、新しい記事を提案できる上に、ユーザーが自分の読みたい記事を自分でみつけるチャンスを提供できます。これはスゴイ!

条件

ただし、実現するためには、条件があります。
それは、結構な記事数が必要になること。また、アイキャッチとなる画像は、使い回しが効きません。同じ画像だと、リスト表示した時の一覧表示の見た目が良くありません。

デメリット

デメリットとしては、非同期で読み込んだデータはページ遷移したり、再読み込みすると消えてしまうので、保持しておく仕組みを入れるかどうか検討が必要です。入れない場合は、ユーザーにまた同じものを読み込ませないといけなくなります。読み込ませるデータをランダムにすれば、新鮮な感じがするかもしれません。

非同期で複雑な仕組みを入れると、IE対応がとても難しくなります。できれば、IEは非対応にしたい。

メニューを閉じる