BTC:--
ETH:--
BCH:--
XRP:--

回遊率改善とおすすめ関連記事プラグイン

回遊率改善とおすすめ関連記事プラグイン

回遊率は、サイトに訪れたユーザーが何ページ見てくれたかで確認します。
100人きても一人1ページしかみなければ、PVは100ですが、2ページみてくれただけでPVは200になります。また、PVがあがるだけでなく、Googleランクにもよい影響があります。

回遊率の簡単な計算方法は、
回遊率 = ページビュー ÷ ユーザー数
です。

回遊率の改善は、直帰と離脱率の改善と同じことで、どうすれば、離脱せずに別の記事を読んでくれるかが鍵になります。

回遊率を改善する方法の1つに、関連記事の表示があります。
今見ている記事と関連のある記事を表示することで、別ページへも誘導する方法です。
また、シリーズものであれば、そのシリーズ記事が関連投稿に表示されることで効果を得ることができます。うまく誘導できれば、直帰と離脱率を5~10%は改善することができます。

関連記事を表示するにあたって、Wordpressには、便利なプラグインがあります。沢山あるのですが、サイトが重くならずに、ちゃんと関連ある記事を表示してくれるかが重要です。

おすすめは「Contextual Related Post」です。キャッシュを使うのでそこまで重くならず、コンテンツ内容から関連性を探してるので、そこまで変な記事が表示されないといった理由からです。

また、 meta情報を表示にチェックを入れるとページ毎に特定のページを関連記事として表示することもできます。

設定内容は、英語で書かれていますが、各設定には詳細コメントが書かれているため、どれを設定しないといけないかそれほど悩みません。

回遊率改善において、画像ありとなしでの違いに関しては検証をしていませんが、テキストだけでも上記の 5~10%を改善することができました。デザインにこだわるのであれば、CSSの修正が必要になりますが、テキストだけであれば修正などもいらずに簡単に設定できます。

メニューを閉じる