BTC:--
ETH:--
BCH:--
XRP:--

通常のHTMLサイトをWordPressに移行する場合の大まかな手順

通常のHTMLサイトをWordPressに移行する場合の大まかな手順

既存のHTMLベースのサイトを移行するための大まかな流れを紹介。方法は既存サイトをスクレイピングしつつWPのテーブルにアップデートしていきます。
※基本は静的HTMLの移行で、動的なファイルは当たり前ですが開発しないとだめ。

事前確認が必要な項目

移行にあたって、事前にいくつか、確認しておくこと。

既存サイトのイメージ画像

WPでは、何も設定していなければ、イメージ画像はuploadの下に日付毎にフォルダが作成されて保存されます。

既存サイトのイメージ画像ディレクトリーは
https//:hoge.com/img/xxxxx
みたいになってることが多いと思うので、ドメインを含めて置換するためのWP側のURLを確認しておきます。

一番簡単なのは、既存の画像フォルダーを
/wp-content/uploads/
のディレクトリの下にアップロードします。

続いて、既存サイトのイメージタグURLをWP側に合わせて置換する。
例えば、

<img src="../img/categorya/a.jpg">

というタグにある、URLを

<img src="https://hoge.com/wp/wp-content/uploads/img/categorya/a.jpg">

に変換する。

既存サイトHTMLをスクレイピングする

移行作業でファイルの内容をコピペで移動するのも、数ページであればいいのですが、数十以上になるとかなり大変です。そのため、ファイル数が多い場合は、既存サイトのHTMLをスクレイピングして、WPに保存します。

スクレイピングには、グーグルのライブラリを利用しますが、抜き出す内容が、特定のidやclassで指定できることが必要になります。
例:<div id="main_body">・・・</div>とか。

スクレイピングのグーグルライブラリはここからダウンロード。
スクレイピングのライブラリー

ページ内でJavascriptを使っているものを確認

スクレイピングする範囲にJS(Javascript)があれば、一緒に抜き出してもらえるので問題ありませんが、JSファイルなどで読み込みしている場合は、Wordpress(WP)側で読み込みを行うか、ページ内に埋め込みが必要になります。

サイトのURL

HTMLサイトは、html拡張子で運用していることが多いのですが、WP側はディレクトリでの表示になります。
html拡張子を省いた状態をスラッグに保存することになります。

その際に、必要になるのがGoogle検索対策です。
既存の拡張子付きが検索結果に残っているので、そのままアクセスしようとすると、404エラーになってしまいます。それを回避するために、リダイレクト対策を行います。

html拡張子のページをWordPressのディレクトリページへリダイレクトする

テーマ選択

どのテーマを利用するか、テーマをデフォルトで使うか、開発するか。
無料テーマをイメージしていたものにする場合は、ほぼ開発が必要です。一番時間がかかります。トップのイメージが良くても、各記事ページのテンプレートが良くないこともあります。

有料であれば、開発がなくてもいけるくらい完成しているものが多いです。

ドメインに関すること

ドメインは同じままで移行したい場合は、新しいサイト作りは、どこかのサーバーのサブドメインで作業し新規WP(Wordpress)側の設定が整ったら、ドメインを変更して新しいサイトでの運用を始めます。

ここで気を付ける必要があるのが下記の2点です。
・パーマリンク
・画像URLや内部リンク
運用開始するまではサーバーのサブドメインでチェックする必要がありますが、移行後は既存ドメインで運用しなければいけません。

画像URLや内部リンクは、ツールを使って一括置換します。
https://junjun-web.net/tool/search-replace-db-master/

パーマリンクの変更を行う。
・設定>一般>WordPress アドレス (URL)
・設定>一般>サイトアドレス (URL)
※ドメイン変更前にWordPress アドレス (URL)を変更してしまうと、ドメイン変更完了まで管理画面にアクセスできなくなります。
※ドメイン変更後でWordPress アドレス (URL)を変更すると、変更までWPで作ったサイトが正常に表示されない可能性があります。

どっちのタイミングで更新するかは、状況に応じて検討が必要です。サイト表示を一瞬たりとも崩したくない場合は、ドメイン変更前に変更してしまいます(DNSの設定が完了するまで管理画面へアクセスできなくなりますが・・・)。

既存ドメインへ変更して運用開始となったらhtaccessの設定も変更が必要なことがあります。
例えば、フォルダを含んでサーバー名で作業していて、それを変更した場合。
https://サンプルサイト名.com/wp

https://既存サイト名.com/
にした場合、wpフォルダを指定しているので、wpフォルダを除いた設定にする必要があります。

変更前

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /wp/
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /wp/index.php [L]
</IfModule>

変更後

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

移行作業開始

おおまかな実際の移行作業手順です。
テーとスクレイピングのフォーマットが決まれば、それほど大変な作業はありません。

・WPインストール&初期設定

・ドメイン変更はまだしない。
新規ドメインでない限り、前のHTMLサイトでドメインを利用しているので、DNS変更はまだ行わずに、URLはそのままで使って、画像やリンクの確認をしてしまいます。リリース直前に本番用のURLに全置換します。

・既存のイメージ画像をWP側にアップロード
・テーマ設定
・プラグイン設定
・スクレイピングで既存の記事をWPに保存
・ツールでドメイン一括置換
・ドメイン変更(サーバー側)
・ドメイン設定変更(WP設定画面から)
・htaccessのドメイン関連変更
・インデックス登録開放(WP設定画面から)
・searchconsole設定
・googleanalytics設定
・googleadsense設定

以上で完了。

メニューを閉じる