グーグルアドセンスで稼ぐために知っておくべき「自動広告」

グーグルアドセンスで稼ぐために知っておくべき「自動広告」
グーグルアドセンスの自動広告とは?どうやって設定するの?

グーグルアドセンスには、誰でも簡単にサイトで広告が掲載できるように「自動広告」があります。

「誰でも簡単にできる」のがメリットですが、予期しないところに広告が表示されて、サイトが崩れてしまい、ユーザーエクスペリエンスを損なうというデメリットもあります。

どのようにすれば、「グーグルアドセンスの自動広告で稼ぐことができるのか」や「使い方」について説明していきます。

グーグルアドセンスの「自動広告」の効果

基本的に「自動広告」よりも「手動広告」の方が稼ぐ効果は高いです。

ただし、自動広告が不要というわけではありません。自動広告と手動広告は併用できるので、手動では補えない部分を「自動広告」で補完できます。

※もし、手動広告を貼っていないのであれば、下記の記事で説明しているので参考にしてください。

手動広告は貼る場所や設定する広告の種類について
グーグルアドセンスで稼ぐための広告の場所と設定する広告の種類

グーグルアドセンスの「手動広告・自動広告」の効果測定

グーグルアドセンスの「手動広告」と「自動広告」の効果を確認することができます。

左メニュー「広告」>「サマリー」をクリックすると「自動広告」を使っているサイトが表示されるので「グラフマーク」をクリックします。

レポート画面では、下記の項目で「手動広告」と「自動広告」の効果を比較できます。

  • 表示回数
  • クリック数
  • インプレッション収益
  • アクティブビュー視認可能率
  • 推定収益額

グーグルアドセンスの「自動広告」の設定

グーグルアドセンスの「自動広告」は、補助として使うことになりますが、使い方を覚えて調整していきましょう。

グーグルアドセンスの「自動広告」のオン・オフ

左メニュー「広告」>「サマリー」をクリックすると、「自動広告」を使っているサイトが表示されます。

「鉛筆マーク」をクリックすると、「自動広告」の設定画面に遷移するので、そこで「自動広告」のオン・オフ設定ができます。

画面の右側に自動広告のメニューが表示されます。
※下記の画像は、メニュー部分のみを抜粋しています。

「自動広告」の横にあるスライドでオン・オフを設定できます。オフに設定すると、それ以降の設定はできなくなります。

「自動広告」をオンにした場合、「広告のフォーマット」「広告読み込み」「ページ除外」などの設定ができます。
※「既存の広告ユニットを最適化しますか?」をオンにすると、「手動広告」も勝手に変更されるのでオフのままがおすすめです。

自動広告の「広告のフォーマット」の設定

自動広告で設定できる「広告のフォーマット」では、下記の項目を設定できます。

  • ページ内広告
  • 関連コンテンツ
  • アンカー
  • モバイル全画面

画面の上または下に広告が固定される「アンカー」や全画面に広告が表示される「モバイル全画面」はオフのままがいいです。また「関連コンテンツ」は対象サイト以外は利用できないので、「ページ内広告」をオンにする以外やることはありません。

自動広告の「広告の読み込み」の設定

自動広告で設定できる「広告の読み込み」では、サイトに表示する広告の数を管理できます。

手動広告を設定している場合は、デフォルトの真ん中を設定しておきましょう。サイトを確認して、もし、広告の表示数が多いと感じたら「最小」の方にスライドを移動させましょう。

自動広告の「ページの除外管理」の設定

自動広告で設定できる「ページの除外管理」では、個々のURLを指定することで、自動広告を非表示にできます。

自動広告の右側の「プレビュー画面」の使い方

自動広告のプレビュー画面に表示されている「自動広告の例」を個別に削除することができます。
※ゴミ箱アイコンをクリックすることで削除できます。

予期せぬところに広告が表示されてサイトが崩れてしまう場合は、プレビュー画面に表示されている広告を削除してみましょう。

プレビューでは、モバイルとデスクトップの両方の表示を確認できます。

グーグルアドセンスの「自動広告」まとめ

グーグルアドセンスの「自動広告」で設定できる項目は少ししかありません。

そのため、誰でも簡単に広告を表示できます。ただし、前述したように広告は「手動広告」の方が効果が高いです。

「手動広告」を設定した上で「自動広告」を使って収益アップを目指しましょう。

画像出典:Pch.vector – jp.freepik.com によって作成された people ベクトル

スポンサード