BTC:--
ETH:--
BCH:--
XRP:--

YoastでGoogleAnalyticsを設定する時に必要なアクセス除外

YoastでGoogleAnalyticsを設定する時に必要なアクセス除外

YoastのSEOプラグインを設定した場合は、GoogleAnalyticsを自分で設定する必要があります。

管理画面で行った操作やプレビューなどが除外されるように設定しておかないと、正しいPV(ページビュー)がとれなくなってしまいます。

除外の方法として、一つはGoogleAnalyticsのビューにあるフィルタ設定で行うことができますが、複数の条件を追加しないといけないので、もう一つの方法のWordpressで制御したほうが、プレビューなども簡単に除外できます。

WordPressでPVを除外する方法は、headタグ内にGoogleAnalyticsのタグを表示しないことで実現させます。
ほとんどの場合、テーマフォルダの中にheader.phpというファイルがあります。このファイルの中のheadタグ内に「ログインしているときはタグを表示しない」という条件とタグを追記します。

<?php if ( !is_user_logged_in() ) : ?>
<!--Googleアナリティクスのトラッキングコードを貼る★-->
<?php endif; ?>

これでプレビューの状態やログイン時の操作などを除外することができます。

メニューを閉じる