BTC:--
ETH:--
BCH:--
XRP:--

ムームードメインからFC2ドメインにドメイン移行した時の手順

ムームードメインからFC2ドメインにドメイン移行した時の手順

現在、ムームードメインで契約しているドメイン期限がきれそうなので、ムームードメインからFC2ドメインに移管しました。

移管の理由は、単純に価格。

>>>comドメインで更新料金が一番安いのはどこか?

ムームードメインは、税込1,598円。FC2ドメインは、為替手数料込みで、約1,100円です。
その差は498円。ムームーで2個契約すれば、FC2で約3個契約できます。

ドメイン移管では、移管手数料というものはなく、単純に移管先で、いつものドメイン料を払うだけです。また、前の管理会社でドメイン有効期限が残っていても、その有効期限が切れてからの一年契約なので、支払いで損することもありません。

実際にやってみると、知識がなくても簡単に作業できます。

ただし、FC2へドメイン移管するにはいくつか条件があります。

  • 取得してから60日未満のドメインは移管できません。
  • 有効期限が14日以内に切れてしまうドメインは移管できません。
  • 移管申請から移管完了までには1・2週間かかる場合があります。

とあるため、自分のドメインが該当しないかどうか、確認が必要です。

その他の条件:FC2ドメインサイト参照。

実際の作業手順

実際にドメイン移管したときの手順です。ムームードメイン側での作業とFC2ドメイン側での作業があります。
まずは、ドメインを管理しているムームードメイン側から作業を始めます。

ムームードメイン側での作業

>>>ムームードメイン側の手順一覧

・ムームードメインでの作業は、コントロールパネルにログインして、メニューから「WHOIS情報変更」を選択。移管したいドメインのWHOIS情報を自分の情報に変更します(もともと自分の情報ならそのままでOK)。

・WHOIS情報で一番大切なのは、「メールアドレス」です。ここにドメイン移管の確認や変更完了メールが届くので絶対に間違わないこと。

・次にメニューから「ドメイン一覧」を選択。ドメイン名をクリックして認証コードをメモします。

FC2ドメイン側での作業

事前にFC2ドメインのアカウント取得が必要です。
>>>FC2ドメイン側の手順一覧

・上記のURLにアクセスして、ページの一番下にある申請手続きのドメイン入力欄に、移管したいドメイン名を入力して「申請手続き」をクリックします。

・認証コードの入力画面が表示されるので、先ほどムームードメイン側で確認した認証コードを入力して申請します。

・WHOIS情報で設定したメールアドレスにムームードメインから移管承認のメールが届くので、ドメイン移管を承認します。
※48時間以内に移管メールが届きますが、実際はもっと早く、申請から1時間もたたずに来ました。
※移管承認メールと同時に、ドメイン更新費用18%オフのメールも来てました。

・上記の承認から1時間くらいでムームードメインから移管承認完了のお知らせが届きます。

・ドメイン移管が完了すると移管費用の自動決済が行われ、FC2ドメインから、ドメイン移管完了のメールが来ます。
※このメールは、FC2ドメインを契約したメールアドレスに来ます。
※この時点でも申請したドメインには、アクセスできます。
※半日くらいでドメイン移管完了メールが来ました。

以上、想像以上に簡単な作業でした。

メニューを閉じる