BTC:--
ETH:--
BCH:--
XRP:--

2019年、台風19号で堤防が決壊した川、吉田川、那珂川、千曲川、秋山川

2019年、台風19号で堤防が決壊した川、吉田川、那珂川、千曲川、秋山川

決壊は、台風などによってもたらされた大雨が原因で、堤防やダムなどが壊されてしまうことです。氾濫は、川などの水かさが増して、あふれかえってしまうことです。

堤防などが決壊すると、そこから川の水が流れこみ、住宅街、畑などが泥水などで水びたしになってしまいます。また、大変なのが決壊した堤防などの修復作業で、とめどなく流れている水に対して作業しないといけないことと、一面が浸水している状態で、作業を行うため危険が伴います。

台風19号がもたらした大雨によって、複数の箇所で堤防が決壊しました。現時点で分かっている堤防が決壊した川です。

宮城県・吉田川

住宅地が浸水。

茨城県・那珂川

複数の場所で堤防が決壊。水戸市住宅街が飲み込まれる。

長野県・千曲川

北陸新幹線の長野車両センターが水没。北陸新幹線本線も水につかっている。

栃木県・秋山川

住宅地が浸水。

その他にも、
茨城県・久慈川、
埼玉県・越返川

堤防24箇所が決壊。

メニューを閉じる